勤務時間管理の効率化|出張や外回りも安心して行えます|秘書代行で円滑な業務
女性

出張や外回りも安心して行えます|秘書代行で円滑な業務

勤務時間管理の効率化

ネットワーク

勤務時間管理の必要性

適切な勤怠管理は、コンプライアンスが重要視される現代社会においては、会社にとって必要不可欠な業務です。社員の出退勤時間や欠勤状況、有給休暇の取得状況などを正確に把握して、労働法令や就業規則の遵守状況について、管理することをいいます。会社は、この勤怠管理に基づいて、給与や残業代の計算、有給休暇の取得日数の管理を行わなければなりません。勤怠管理が適切に実施されていないことは、社員の労働時間を会社が正確に把握していないことを意味します。この場合、社員の労働に対して正確な賃金を支払うことができなくなります。この結果、未払い残業代の問題が発生する危険性が高まります。さらに、社員の労働時間数を正確に把握できなければ、社員の過重労働を未然に防止することができなくなり、メンタルヘルスの不調をきたしす社員が出てきて、社員に対する安全配慮義務を果たせなくなります。このため、勤怠管理業務が必要とされます。この業務は多大な労力を要しますので、クラウドの導入による業務軽減が必要です。クラウド勤怠管理システムには様々なメリットがあります。

ネット利用の勤務時間管理

従来型のタイムカード方式による紙による勤怠管理は、社員の勤務時間を集計するだけでも大変な業務となります。ここに、クラウド型勤怠管理システムを導入する意義があります。クラウドとは、インターネット上の複数のサーバーを利用して、ソフトウェア、データベースなどの膨大な資源を活用することを可能とするサービスです。これにより、勤怠データの集計作業が大幅に削減できますし、人件費を即時に把握することができます。残業時間や休日出勤に対する割増手当などの給与計算も自動的にできますので、勤怠管理を含む給与計算業務を効率化することができます。さらに、残業時間を自動的に集計しますので、過重労働を防止するアラート機能も導入できますので、労務管理にも大いに貢献させることができます。人事、給与、労務を統合したシステムにできますので、人事戦略に活用させることができます。